梱包をスムーズに終わらせるコツ

梱包が大変です

毎日のように引越しをしていると梱包が終わっていないお客様によく出会います。中には明らかに寝不足のような顔色で申し訳なくなってしまうほど。

 

でも梱包が終わり切っていないと、荷物の搬出に影響しますし、運べない荷物が出てくることもあります。最悪の場合、破損や紛失などに繋がる場合があるので、できるだけ終わっておいて欲しいと言うのが引越し業者からの願いです。

 

しかし、梱包が終わらないのは努力が足りないからではなく、コツを知らないということも大きいと思います。

 

そこで、ここでは引越しの荷造りにおけるコツをご紹介したいと思います。

 

 

不用品の処分を最初に始める

梱包をするためには、まずそれだけのスペースが必要です。不用な物を廃棄してとにかくスペースを確保しましょう。荷造りのためには作業する場所だけでなく、出来上がったダンボールを積み上げる場所も必要です。

 

家具の中身はあとで荷造りする

家具から出した荷物を箱詰めすると家の中がどんどん狭くなります。出来るだけ最後のほうに置いておきましょう。但し、食器は時間がかかるので早めから少しずつ取り組んでください。

 

押入れの荷物は一度に整理する

押入れの荷物整理はできればスペースを十分に確保して一気にやり切りましょう。空になった押入れに完成したダンボールを詰め直せば場所を取りません。

 

ダンボール箱に荷物を入れすぎない

詰め込みすぎてダンボールの上部が膨らんでしまうと破損の原因になります。こういったダンボールはトラック内で積み上げが難しく、契約したトラックで荷物が積みきれない可能性にもつながります。

 

冷蔵庫の中身は徐々に減らす

クーラーボックス1個程度まで減らしましょう。新居で冷蔵庫の電源を入れても直ぐに冷えるとは限りません。腐りやすいものは当日までに使い切るようにしましょう。

 

小さなタンス・チェストの衣類ならそのままでOK

衣類であれば家具の中身を出さなくても良い場合があります。特に小さな物はそのままで良いと言われるケースが多いです。分からなければ電話で問い合わせましょう。

 

ダンボールの内容・行き先を明記する

ダンボールに中身を記入するときは、側面にも記入しておくと探す際に便利です。行き先は2階のA、1階のBというふうに記入すると引越し業者の作業員が割り振ってくれます。